webra

ウェブ&グラフィック全般。デザイナーの乱れ書き。

ヘアライン加工の作成方法|応用編【Photoshop講座】

   

前回の最後にあった画像の作成方法を解説します。

前回記事はこちら
ヘアライン加工の作成方法【Photoshop講座】

スポンサードリンク

【1】素材を用意

前回作成したヘアーライン素材と加工を施したい素材を用意します。文字、図形などお好きなもので。
hairline1
layer1

<補足>
ベクトルスマートオブジェクト…ベクトルデータを保持したオブジェクト。Illustratorからドラッグで作成。拡大縮小しても劣化しない。

【2】ヘアーライン素材を選択範囲でマスク

hairline2
適応させたいオブジェクトのレイヤーサムネイル上で「command(ctrl)」を押すとアイコンが変化するので、そのままクリックすると素材の選択範囲が作成されます。
hairline3
その状態で、ヘアーライン素材を選択しツールパネル下部にある「レイヤーマスクを追加」をクリックすると選択した範囲でヘアーライン素材を切り抜くことができます。
hairline4
見やすい様に、黒背景をバックに引きます。切り抜きの元となったオブジェクトは必要ないので非表示に。

<補足>
command(ctrl)+ サムネイルをクリックでそのレイヤーの選択範囲を作成できます。
レイヤーマスク…マスクとは選択した部分で背面のレイヤーを隠す機能。塗装する際のマスキングをイメージしてもらったらいいと思います。レイヤーマスクを使うと元の画像はそのままの状態で編集できます。

【3】画像を調整・アレンジする

1.レイヤースタイル「グラデーションオーバーレイ」

hairline5
レイヤーの右端をダブルクリックしレイヤースタイル画面を開く。
hairline6
グラデーションオーバーレイを選択し「描画モード:乗算」で白から黒のグラデーションを設定。「イメージ>色調補正>明るさ・コントラスト」で、全体の色味を調整。
hairline7

<補足>
乗算…下のレイヤーに色を重ね合わせる。

2.レイヤースタイル「ベベルとエンボス」

hairline8
レイヤースタイルから「ベベルとエンボス」を適応、立体感を出す。
hairline9

 - design, photoshop ,