webra

ウェブ&グラフィック全般。デザイナーの乱れ書き。

webデザイナーがよく使うフォント【英語フォント編】

   

前回に引き続き、個人的によく使うフォント第2段。今回は英語のフォントについて書いていきます。(英語フォントはファミリーが多いので一部のみ表示)

スポンサードリンク

Helvetica(ライノタイプ社)…ヘルベチカ

helvetica

おそらく英字フォントで1番使われているはず。BMWやパナソニックなど企業ロゴにもよく使われる。シンプルでクセがなく、なにより日本語にもよく合う。ファミリーも豊富で文句なしです。Macには標準インストール。Winの場合は代用フォントにArialがある。

Futura(ビットストリーム社他)…フーツラ、フツラ

futura

ヘルベチカと同じく超有名フォント。ルイヴィトンなどでおなじみの書体です。直線と奇麗な曲線で構成されていて、エッジが尖っているのが特徴。直線が多いためレイアウトになじませやすい。ただ"O"や"C"など曲線文字の文字幅が他のフォントに比べて大きいので注意。単語によっては間延びしたり視認性が悪くなったりする。
Macでは標準でインストール。WinならMS officeについてくる(?)CenturyGothicで代用。

Gill Sans(モノタイプ社)…ギル・サン

gillsans

個人的イメージではヘルベチカとフーツラの中間という感じ。ヘルベチカより直線的でエッジが鋭く、フーツラより緩やか。Macには標準インストール。

Impact(webコアフォント)…インパクト

impact

その名の通り他の書体にはないインパクトのあるフォント。太さ以外は意外に癖は少ないので、タイトルロゴの元書体としてよく使う。難点は縦に長い事かな…無理に平体かけると少し違和感が。

MacにもWinにも標準インストール。

Times New Roman(webコアフォント)…タイムズ・ニュー・ローマン

times

タイムズ新聞社が開発したフォント。新聞用に作られただけあって文字組には最適。日本語の場合は明朝の組版の時に合うのかな…

個人的にセリフ書体(端に飾りがあり太さが不均一なフォント)は苦手で、とりあえずこれを使う場合が多いくらいの思い入れ。ちなみにTimesとは僕には見分けがつきません。

MacにもWinにも標準インストール。

Garamond(モノタイプ社他)…ガラモン、ガーモンド、ギャラモンetc

garamond

凄い古くて歴史のあるフォント。使用すると重厚感、高級感が出ます。特に数字は特徴的でデザインにアクセントを出せるので、メニューの値段などでよく見かける。
いろんな会社からいろんなバリエーションが出ていてそれぞれ微妙に違う。見本はAdobe Garamond。いつもどこからかパソコンに入っている…
ちなみにApple Garamondはフリー>>ダウンロードサイト

Edwardian Script(ITC)…エドワーディアン・スクリプト

edwardian

スクリプト(筆記体)の中でも有名で使い勝手が良いフォント。まずこれを試して駄目なら他を探すという感じに使ってます。大文字同士は繋がって表示されないので注意。MS officeについています。


<Windowsの場合:欧文フォントはどうする?>

上記のようにMacの場合は主要な英語フォントはもとからインストールされているのだけれど、Windowsの場合は少しきつい。特にヘルベチカ、フーツラが無いのは致命的…代用フォントとしてArialやCentury Gothicがあるが、ファミリー数が少なく実際には使いにくい。
Windowsで安く英語フォント環境を揃えるなら「トゥルータイプフォント パーフェクトコレクション」を購入するのがオススメ。安価でHelvetica(代用書体:Swiss)、Futuraなどが手に入る。
大きめの本屋なら置いてます。


 - design, フォント